事業再構築補助金の補助額・補助率と特別枠

事業再構築補助金の補助額・補助率と特別枠を解説します。通常枠で最大6,000万円で、補助率が2/3となります。従来のものづくり補助金などと比較しても手厚い補助金となっております。

中小企業の場合

事業再構築補助金の無料相談

【通常枠】
  補助率:2/3
  補助額:100万円~6,000万円
【卒業枠】
  補助率:2/3
  補助額:6,000万円超~1億円

卒業枠とは…
400社限定となっており、以下の要件を満たすことが条件です。
事業計画期間内に
①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長(中小企業からの卒業)する事業者が対象であり、特に優れた計画に対し補助額の引上げを行う特別枠です。

中堅企業の場合

事業再構築補助金の無料相談

【通常枠】
  補助率:1/2
  補助額:100万円~8000万円 ※4000万円超の部分については1/3
【グローバルV字回復枠】
  補助率:1/2
  補助額:8000万円超~1億円

グローバルV字回復枠とは…
100社限定となっており、以下の要件を満たすことが条件です。
中堅企業のうち
①直前6か月間のうち任意の3か月の合計売上高がコロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して、15%以上減少していること
②補助事業終了後3~5年で付加価値額又は従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加を達成すること
③グローバル展開を果たす事業であること
以上3つの条件をすべて満たす事業者が対象であり、審査において特に優れた計画に対し、補助額の引上げを行う特別枠です。

緊急事態宣言特別枠の対象となる事業者の場合

緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けたことにより、令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者を対象に、加点措置による優先採択、補助率の一部引上げを行う特別枠があります。
それぞれ下記の補助額の範囲まで補助率の引上げを受ける事が出来ます。
補助額 従業員数5人以下 :100万円~500万円
従業員数6~20人 :100万円~1,000万円
従業員数21人以上 :100万円~1,500万円

中小企業:補助率を3/4に引上げ
中堅企業:補助率を2/3に引上げ

まとめ

事業再構築補助金の補助額・補助率と特別枠を正しく理解することが必要です。多くの企業が中小企業と通常枠を申請されると思いますが、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けた企業は、緊急事態宣言特別枠を使える可能性があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 20 =